浮腫(むくみ)解消に効果的な筋トレ

ダイエットの基礎知識

こんにちは、HtD管理人の「あーる」です。

女性の大敵とも言える「むくみ」ですが、浮腫の原因をしっかりとご存知ですか?
筋トレと浮腫には密接な関係があり、原因・理由を知ることでむくみを解消することが可能です。

浮腫(むくみ)とは


アルコールや塩分の摂り過ぎが原因だったり、運動不足による低代謝、一部の部位を締め付けたり固定してしまったりする場合になってしまうとされています。
状態としては、余分な水分が体内に溜まってしまっている状況のことをいいます。

効果的なむくみの解消法


むくみの解消法にはいろいろな方法がありますが、今回は筋力トレーニングによる方法をご紹介しようと思います。

筋トレでむくみの解消が出来る原理

むくみの原因として「低代謝」が挙げられます
代謝は身体の老廃物を排出する役割を担っており、老廃物が身体に溜まってしまうと血流やリンパの流れが悪くなってしまいます。
そうなってしまうと、身体に不要な水分を溜め込んでしまうという悪循環に陥ってしまいます。
筋力トレーニングを行うことによって低代謝の状態が改善され、各部位に余分に溜まってしまっていた水分を除去・排出することが可能です。

むくみに効く筋トレ

むくみが出やすい部位は「ふくらはぎ」が挙げられると思いますが、下半身の水分量をコントロールしていると言っても過言ではないのがふくらはぎの筋肉だからなのです。
ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)を鍛えるのに効果的なトレーニング法は「スタンディングカーフレイズ(踵上げ運動)」と「アンクルホップ(踵上げ跳ね)」がスタンダードな方法です。
下記で詳しくご紹介します

スタンディングカーフレイズ(踵上げ運動)

直立した状態から踵(かかと)だけを上げる動作になります。
自重だけでは効果が若干薄いので、何か重りを持った状態で実践することをおすすめします。

普段トレーニングをする習慣がないという方は、買い物帰りの荷物を持った状態や、信号待ちの際に実践するというクセを付けてみるのもアリだと思います。
スタンディング・カーフレイズ
アンクルホップ(踵上げ跳ね)

追加重量にもよりますが、スタンディングカーフレイズよりも比較的強度が高いトレーニングになります。
ステップを踏む感じで跳ねるのですが、着地の際に踵を付けないように繰り返します
普段運動されていない方は、アキレス腱を痛める可能性があるので、必ずストレッチを行ってから実践してみて下さい。

アンクルホップ

最後に


浮腫があると折角の筋トレの効果も分かりづらく、モチベーションの管理も難しくなってしまいます。
適度な運動と、規則正しい食生活、十分な睡眠、バランスの良い生活で最高の人生にしていきましょう。

筋トレやダイエット・ボディメイクに関する相談をサイト内チャットにて随時受け付けております。
ちょっとした疑問や質問など、なんでも構いませんのでお気軽にご相談ください!!

それでは、良いダイエットライフを。

コメント