リバウンドしてしまう理由

ダイエットの基礎知識

ダイエット経験者の多くの人が途中で諦めてしまったり、リバウンドしてしまうという経験があるかと思います。
普通に生活していくうえで、リバウンドというのはごく当たり前のことですので、その仕組みについて解説していこうと思います。

リバウンドとは


簡潔に言えば「ダイエット後に元の体重に戻ってしまう」という事です。
リバウンドの主な原因として2つ挙げられるので、詳しく説明いたします。

停滞期の「ホメオスタシス」


どんな効果的なトレーニングや食事制限をしていても、少しずつ効果は薄れていってしまいます。
そのうえ、ある一定の時期を迎えると、全く体重に変化が起こらなくなってしまいます

この時期のことを「停滞期」と呼びます。
停滞期の原因となっているのがホメオスタシス(恒常性維持機能)という、身体のエネルギー消費を減らそうとする生命維持機能です。


ここで注意していただきたいのが、ホメオスタシスという機能は、ダイエットや食事制限を元の習慣に戻したとしても、すぐには元に戻らないので余分な脂肪を蓄積してしまいやすくなり、リバウンドしてしまうのです。

ホメオスタシスを制御する


ホメオスタシスは一般的に1カ月に体重の5%以上減量した場合に、最大限働く機能だとされています。
短期間での減量はリバウンドのもととなってしまいますので、特別理由がない限り5%未満でのダイエットを継続して続けるという方法がベストだと言えます。

満腹感を促す「レプチン」


脂肪細胞に脂肪が蓄積された際に、脳の満腹中枢を刺激して「満腹」だと認識させるのがレプチンです。
ダイエット・ボディメイク中に食事制限など行っていると、このレプチンの分泌量が減少してしまいます。
食事制限を終えてからもレプチンの分泌量は減少した状態が続いてしまい、満腹感を得られず食べ過ぎてしまうのです。

レプチン分泌量のリセット


レプチンの分泌量がリセットされるのは大体1カ月かかるとされています。
満腹感を得られなくても、しっかりと栄養管理を行い続けていれば、1カ月後にはしっかりと今の食事の量で満腹感を得られる身体になっているはずです。
「停滞期だ」「全然痩せない」と諦めるのではなく「この1カ月を乗り切るぞ」という気持ちで、何とか乗り切りましょう。

最後に


リバウンドについて、停滞期であるホメオスタシス満腹感を制御しているレプチンという観点から解説いたしました。
他にもいろいろな身体の仕組みや機能などによる場合もありますが、基本的にはこの2つのことを理解し、実践すれば結果は出てくれると思います。
もちろんしっかりとしたカロリー計算や、栄養素管理・筋力トレーニングを行っているという前提です。
自分に合ったダイエット・ボディメイクを見つけられるように、いろいろと試してみるのはとても重要なことですので、是非何事にもチャレンジしてみて下さい。

それでは、良いダイエットライフを!

コメント