筋トレとクレアチンで限界突破!? 筋力ブースト効果とは

ダイエットの基礎知識

HtD管理人の「あーる」です。

筋トレや運動の際に効果的なクレアチンですが、正直どのようなダイエット効果があるのか、詳しく分からないまま取り入れている方も少なくないと思います。
今回はそのクレアチンが筋肉や運動に対してどのような作用と効果があるのかを解説していこうと思います。

クレアチンに期待出来る効果


基本的にクレアチンには運動・筋トレ中に対して作用する効果が期待できます。

パフォーマンスの向上


クレアチンは筋収縮に対するエネルギー供給を直接行う為、身体能力や運動に対するパフォーマンスの向上が期待出来ます。
瞬発力と持続力どちらにも作用するため、さまざまなシチュエーションやトレーニングにおいて最高のパフォーマンスで実践出来ます

筋肉量の増加


パフォーマンス向上のおかげで、普段よりも高強度のトレーニングで筋肉を追い込むことが可能なので、必然的に筋力の増加も期待することが出来ます。
筋トレや運動しないで筋力増加するという魔法の粉ではないので、注意して下さい!(笑)

クレアチンの摂取方法とタイミング


クレアチンを効果的に活用するために、少し特殊な摂取方法がありますのでご紹介します。

クレアチンの摂取方法(ローディング法)


クレアチンローディング法」と呼ばれる、少し特殊な摂取方法があります。
1日に5gのクレアチンを4回ずつ摂取し、合計20gのクレアチン摂取を約1週間続けます
そうすると、筋肉細胞内のクレアチン貯蔵量が一定レベルに達します
この状態にしてからは、1日5gずつの摂取だけでクレアチン貯蔵量をキープし続けられるので、最高のパフォーマンスを持続することが可能です。
クレアチンを導入する際は、最初の1週間だけローディング期間を設けることをおすすめします。

※クレアチンの1日の消費量は約2~3gとされていますが、強度の高いトレーニングや運動をした場合はそれ以上に消費されます。

尚、クレアチンはあまり吸収率が良くありません
少しでも多くクレアチンを吸収するためには、糖質や血糖値を上げるものと一緒に摂取するのが理想的です

クレアチンの摂取タイミング


前項で記載した通り、糖質や血糖値を上げるものと一緒に摂取するのが理想的ですので、トレーニング後の糖質を含むプロテインと一緒に摂取するのが効果的です。
トレーニング後30分~1時間以内に食事をする予定であれば、その時に一緒に摂取する形でも良いと思います。

最後に


クレアチンについてご理解頂けたでしょうか?
運動やトレーニングを実践している方にとっては、かなり大切な栄養素となります。
最大限のパフォーマンスを出すことで、効率よく筋肉を増やしましょう

ダイエットや筋トレに関するご相談を無料チャットにて随時受け付けております。
ささいな疑問や質問など、なんでも構いませんので、お気軽にご相談ください!!

それでは、良いダイエットライフを。

コメント